top of page

10月24日 丹波篠山・福知山・鳥取

6月末に「胆嚢摘出手術」後、初めての宿泊するロケを敢行。 少し不安あるも朝5時前に出発。 最初の目的地は丹波篠山市、友人のいる福住。 この日は連絡していないので撮影だけして福知山城へ。 福知山城は美しく整備されていて、昔の面影がなかったのは残念。 途中、柿の樹の撮影などをしながらのんびり鳥取へ向かう。 さしたる目的地を決めないで走るのはワクワク感が伴って新鮮な感覚が襲ってくる。 紅葉はまだ早いので寄るところが少ない。 鳥取砂丘は近くを通ると必ず寄るようにしているポイント。 日によって表情が大きく変わる魅力の場所だ。 この日の砂丘はありふれた表情だったが砂丘の中ほどまで入って風紋を探したが、思しきものはなく9号線を西へ向かう。 白兎海岸を右に見ながら日本海に沿って走る。 そして夏泊の看板が見えたのでそちら方向へハンドルを切る。 始めて見る夏泊神社、少し変わっていて趣がある。 そこから「グランドゴルフ」発祥の地と言われる「潮風の丘とまり」という岬にある高台に上がる。 なんと恐竜のオブジェが迎えてくれた。 岬なので風景はとても良かった。 そして宿泊地倉吉方向へ向かうと湯梨浜の東郷池に隣接している「あやめ池公園」に入る。 この場所は初めて、駐車場から出るとすぐに失敗だと感じた。 公園は工事中で重機があちこちでうなり声をあげていた。 それでも先へ向かうと橋があり、橋からの東郷池がなかなかの風情。 橋を渡り切ると再びグランドゴルフ場、それを抜けると小さな池がありそこからの風景はなかなかのものだった。 今日はここで夕景をと頑張ったが、生憎お日さまは出てくれなかった。 倉吉の蔵通りを散策を試みたが場所が分からずホテルへ向かった。



bottom of page