top of page

11月14日 蒜山・三机・白賀渓谷・恩原湖

予定より早く起きてしまったので星空撮影に挑戦。 星空まで手を出すと睡眠時間は極端に少なくなるのでいつもは控えている。 昨日の鳩ヶ原奥から空を狙う、ここからだとほとんど光が入らないのだ。 星空撮影は簡単なようで結構難しい。 未だ満足のいく写真は撮れていない。 30分ほど奮闘して朝陽の撮影に移動。 ところが狙っていた場所への道が工事中で通行止め、シッカリトバーで固定され入れなくなっていた。 ドローンで狙うためにはなるだけ高い位置に行くことが大切である。 ドローンは法律上150m未満でフライトさせなければならない、それを超える場合は事前に「許可」を取る必要がある。 仕方がないので狙いの場所に近い、なるだけ高い位置を求めて徘徊。 やっと決めて撮影に入るも天気が悪く、狙い通りにはいかなかった。 バッテーリー1回分のフライトだけで終わろうとしまいかけていると何と東の空が紅く燃え始めた。急いでフライトさせ、日の出と太陽光が差す大山・蒜山方向の撮影を始めた。 幸運の光だった。 撮影を終えて江府町の木谷沢渓谷に行く。 ここでの狙いは霧の中の光芒だったが、狙いは完全に外れた。 帰りに御机に立ち寄り「棚田米」を入手、これも写真の成果でもある。 次は鏡野町の山奥にある白賀渓谷、夏に立ち寄って下見をしておいた場所である。 日曜日なので人出を心配していたが無名の渓谷なので観光客は数組程度だった。 1.5時間ほどゆっくりと遊歩道をたどりながらの撮影だった。 最後の予定は津山城だったが、ここは人出が予想されたので「恩原湖」の夕景に変更、これが大当たりだった。



bottom of page