top of page

11月21日 クラブ撮影会・愛宕念仏寺

集合時間の2時間前に嵐山駅に到着。 バスまで30分以上の待ち時間。 なので少なくとも嵐電嵐山駅まで歩くことにする。 途中、嵐山の風景を撮りながら進むも人はまだまばらだ。 渡月橋を超えた辺りからひちが増え始めた。 天龍寺に入り、そこから竹林の道に抜けられそうになかったのでバス道を北上、途中から竹林の道に入る。 竹林がこんなにたくさんあることを知らなかった。 いろんな場所に竹林があってそれぞれに風情が異なっていた。 化野地区は昔の海道の趣があってしばし足を止める。 その先が嵯峨鳥居本伝統的建造物群になる。 まだ一部しか店は開いていなかった。 雰囲気は良いのだが店の前に自動車が止められているのはいただけない。 すぐに目的地の愛宕念仏寺に到着、1時間40分で歩いた。 先生の解説をお伺いしてここのご住職の肝いりで、仏像も撮影が許可されていて、本堂も明かりを点けていただいている。 ここまでオープンなお寺は京都ではここだけではないだろうか? 化野念仏寺に比べてあまり知られていないというが、それでも知っている人は結構いるのだと感じた。 およそ2時間半の撮影をして昼食に来た道を下る。 泉仙 嵯峨野店で弁当をいただく、結構な味とお値段だ。 そこからは友人と別れて一人ぶらぶら阪急嵐山までの歩き。 この界隈ではバスやタクシーは意味を為さないのだ。 帰りの渡月橋は両側の歩道とも人が溢れて落ちそう、この時初めて「来なければ良かった!」と反省した。 阪急嵐山を14:40分に出発。 桂駅で新しい「直通特急」に乗車、車内は京都の雰囲気でドレスアップされていた。



Comentarios


bottom of page