top of page

12月20日 友人に会いに神戸元町へ

友人とは学生時代に知り合った。 同じ理学部で化学科だった友人、いつも落ち着いて見えた。 その後社会人でも同じ会社で出会い、特に高知時代は時折繁華街で出会った。 一緒に飲むのではなく、お互いに誰かと飲んだ後の帰路で出会うから不思議だ。 そしていつも行くのはうどん屋、飲んだとの一杯は格別だとのこと。 そんな彼は小生の個展にその都度見に来てくれた。 長い付き合いがある中でも大切な友人の一人だ。 そんな彼が退職後いろんなことにチャレンジしている。 一時はロボットに夢中になり同じ志の人たちと工作もしていた。 また、若い内からボランテイアにも積極的で阪神淡路大震災の時も、そしてそれ以降も活動を続けている。 そんな彼が今やっているのは「中国茶の紹介と販売」。 今回は奥さんの中国茶講義を受けて少し賢くなったような気がする。 お茶が大きく分けて緑茶・白茶・黄茶・青茶・紅茶・黒茶の6種類に分類されることを初めて知った。 日本のお茶は緑茶である。 白茶~黒茶は発酵茶であり、ウーロン茶は青茶に属する。 最も発酵が進んだのが黒茶で発酵の終わりがないという。 一方「花茶」はこれらのお茶に香辛料を混ぜたものを言うらしい。 3時間あまり3人で講義・お話が続き楽しい短い時間が終った。 帰りに中華街やモザイクに行こうと思っていたがそのまま帰宅することにした。 写真はJRの電車を撮影したものである。 最後の一枚は先に見えていたカメラマンが「一両だけの機関車が来る」と教えてくれたのでそれまで待って撮影したものである。



Commentaires


bottom of page