top of page

12月9日 江府町御机・貝田地区

最終日も予定よりも早く目覚めた。 当然、そのまま起きて星空の撮影に向かった。 この日は少し天気も回復傾向にあった。 それでも大山の雲のすべてを無くすことはなかった。 星空は大山・茅葺小屋と棚田の両方を狙う。 その距離は約1Km離れていて、車で移動しながらの撮影だ。 この日は他に誰もいなかったから実現できた。 その後太陽が出て明るくなり、大山にも太陽光が当たって良い表情を見せてくれた。 それから貝田地区に移動、道がカーブを描いている曲線美と大山を狙う。 朝早いので車の通行量も極端に少なかった。 最後は貝田地区から蒜山へ移動中に撮影した。 蒜山で地穫れ野菜を購入しようとしたが、初雪もすでに降っていて「今年の野菜は終了」と明記されていた。 ここから鳥取市内の土地改良事業団体連合会へ向かう。 鳥取県の農村風景フォトコンテストで準特選をいただく表彰式に出るために。 この表彰式は受賞者や職員さんとのお茶会もあり、とても有意義な1.5時間だった。