top of page

2月1日 虫明漁港・牡蛎の収穫風景

昨年「視点フォトコンテスト」で奨励賞を受賞。 全国での展示のためパネルを製作、そのパネルが手元に戻ってきたのでそれを牡蠣小屋へ飾ってもらおうと持参した。 もちろん「前衛のグラビア」雑誌も提供した。 すぐに海での収穫に出発。 前回まではベチナム女性だったが今回は男性が主体、一組だけご夫婦がいて撮影はとても楽しみだ。 今回は二人の男性とオーナーとの船旅だ。 二人の男性はキビキビとした動きで全く無駄がない。 やはり男性の方が仕事に合っているのかも知れない。 牡蛎筏3枚から収穫して港へ戻った。 そこで牡蛎汁をご馳走になる。 最近は牡蛎筏が増え、船も一回り大きくなったので作業員は増えたようだ。 現地での蒸し牡蠣はいただけなくなったのは寂しい。 でも殻付き牡蛎と剥き牡蛎をお土産にいただいて帰路に就いた。 もちろん、夕食は殻付き牡蛎の蒸し焼と牡蛎フライダ。 たらふく食べて堪能した。



Comments


bottom of page