top of page

2023年の始まり・千丈寺湖

新型コロナの脅威の中2023年が始まった。 一方、小生は身障者施設の20周年記念誌作成のため施設3カ所での利用者さん、スタッフ、施設の撮影を遂行中。 そのため、小生が体調を崩すことができないため自分の撮影行為はかなり制限されることになり、最初の撮影も施設での撮影となった。 この写真は公表できない。 今年2回目の撮影は例年のごとく三田市の千丈寺湖で行った。 記録としてはこれが2023年の最初のロケとなる。 前日に千丈寺湖の天気は晴れ、気温ー4℃、湿度100%を確認の上出かけた。 ところが毛嵐は僅かしかなく、霧も雲海もない味気ない環境であった。 念のため釣り客の登場するエリアでの撮影を行った後、自然保護区の場所へ移動した。 ここで橋の点検をされている人たちに出会う。 彼らは目で点検を行っていて、そのための車が駐車場に並んでいた。 湖は水が抜かれ、雨が少ないこともあって湖底がかなりの範囲で剥き出しになっていて自由に歩き回れた。 いつもは近づくこともできない朽木の根元での撮影、ドローンで湖底の模様を俯瞰することができた。 どんな状況でも行けば何かしら被写体は見つかるものである。