top of page

3月18日 千丈寺湖

友人宅で「牡蠣パーテイ」の日、予感がして早朝出発。 日の出が早くなったので出かけるのも辛くなってきた。 でも、その甲斐あって毛嵐が迎えてくれた。 そして日の出の太陽の位置が素晴らしいところになっていた。 ほかにカメラマンは二人、ご挨拶をして撮影に入る。 この6カ月、千丈寺湖に通ったのは10回以上、その中でも1・2を争う素晴らしい風景に出会った。 日の出・毛嵐は地上撮影にっ徹した。 ほかのカメラマンへの配慮を心掛けた。 場所を変えてドローンを飛ばす。 今回は「鵜」の集まる場所をできるだけ低空で近づいてみた。 かなり近くまで行くことができた。 帰りは伊丹空港そばの猪名川の土手、運動場と軍行橋を入れての飛行機撮影に挑戦。 コロナの影響で飛行機の運航数が激減しているので撮影に苦慮。 でも2回ほどは撮影に成功。 土手から墓地へ墓石の設営をされていた。 注意を必要とする作業であった。 11時に友人宅へ、牡蠣を腹いっぱい食べて昼食。 今年の牡蠣は小ぶり、瀬戸内の海がきれいになりすぎているのが原因らしい。 妻への牡蠣10個をいただいて帰宅。


コメント


bottom of page