top of page

3月24日 仁淀川町2日目

この日は一番に「ひょうたん桜」を目指す。 昨日よりも冷えたのか僅かに雲海が見られた。 日が当たる前に移動することにした。 次の目的地は久喜の花桃。 峠からは村の全体か見えてなかなかの見ごたえであった。 公民館の敷地に車を停めて歩く。 一番乗りのようだ。 茶畑のオーナーに出会う、ここ10年くらいで花桃を植えてきたらしい。 畑の中も含めてどこを歩いてもイイヨ! と許可をいただいて散策を開始。 熊の置物(手作り)にもこいのぼりにも会えてなかなか楽しかった。 農家の人曰く「奥の花桃よりもこちらがイイ、樹が若いので元気が良い」とのこと。 帰りにその奥久喜も見たが確かにその差は見られた。 引地橋の花桃を経由して朝尾沈下橋へ向かう。 そこでは越知町の職員がいてお話、片岡沈下橋を紹介していただいた。 沈下橋もいろいろあって見栄えの差はかなりあるようだ。 帰りに佐川町の農道で弁当の昼食、終わった所へ地元の方と会話。 ここでもドローンの飛行許可を得て撮影 。 田植えの準備が始まっていたので初めての水張田んぼを撮影。 そこから天狗高原の夕陽撮影に向かったが「積雪のため通行禁止」で断念。 宿泊地の大渡ダムにて夕陽撮影して早寝を決め込んだ。


Comments


bottom of page