top of page

3月6日 蒜山から奥出雲の旅

急遽朝の撮影予定を鏡野町「恩原湖」から真庭市「蒜山」へ変更した。 起床時刻は同じく4時30分、5時出発。ただし蒜山へは高速道路を利用する。 蒜山ICを降りてもまだ暗い、どこで撮るかは全く決めていない。 昨年の秋に撮影した徳山神社へ向かい、未明の神社入り口を撮影。 ここで月がまだ残っていることを確認して、月の撮影に良い場所を選ぶために場所を移動。 国道から山道のような細い道に入ってしばらく行くと牧場の柵が出てきた。 この場所に決めることにして撮影を開始。 雪が残る牧場には広々としたかいほうかんがあり、蒜山三座も見渡せた。 不思議なことにこの時は月の存在は放念してしまっていた。 さて、カメラを持ってポイントを探しながら残雪の道を散策し始めた。 日の出の時刻になってドローンの活用、そして再びカメラの使用ととても慌ただしい時間を過ごすことになった。 場所を移動しようとして牧場の敷地に入れる場所を発見、散歩をしている人に聴いて立ち入りOKの了解を得て牧草地に入る。 樹と太陽のコラボ撮影、これも気に入った一枚になった。 昨日の場所の変更が良かったことを時間した。 御机の茅葺小屋、吉原の田んぼを撮影して奥出雲に向かう。 奥出雲では阿井川ダム・トウトウの滝・蔭凉寺などを散策。 最後は「さくらおろち湖」で夕景を撮影して宿舎に向かった。 この日の夕食はすき焼き定食、こちらも急遽変更して満足なり。



Comments


bottom of page