top of page

4月25日 初挑戦

長年「腰痛」で悩んできた。 最近では氷上などで滑ってコロリン、座骨から落ちて脛骨捻挫・座骨打撲でかなりダメージをもらった。 友人の体験からのお勧めで「鍼灸施術と手技施術」なる施術を受けることにした。 すでに75歳を越え人生の「お釣り」期間に入っているわが身、それなれば「治らなくて元々、治ったらラッキー」で一念発起。 でも治療初日時間を間違えて1時間早く家を出た。 恐らく緊張していたのであろうと思う。 時間待ちを兼ねて雨の元町・中華街を散策する。 日本人より中国系観光客の方が多く目立った。 雨だけに人は少なかったし、閉めている店も多かった。 立ち食いなどが見られるこの界隈は昭和の色合いが残っている感じだった。 そして元町高架下商店街へ、ここは耐震工事がやっと終わったが、店はほとんど移転してしまってシャッターの店が多い。 3番街は改装が終っているが1・2番街はまだ手付かずの状態。 通りの外側もラクガキや設備の破壊状態が目立っている。 改装されたらこの風景は全くなくなるだろう。 早めにJRで新長田へ向かった。 お目当ては鉄人28号、雨の中での撮影は魅了的だ。 遠くのマンションでは大規模修理のため足場組立が行われていた。 問題の施術は手技の圧力が半端ではなく「痛い」の連続。 昨年9月の「胆嚢摘出手術」の痛みを思い出してしまった。 



Comentarios


bottom of page