top of page

9月12日 予定を変更・明地峠へ

昨日の宍道湖の夕景が残像として眼に焼き付いている。 3時半に起床、行き先を日野町明地峠へ行くことにした。 目当てはもちろん雲海と大山。 すぐに高速道路で江府ICまで2区間を走る。 そこからは日野川に沿って根雨までそこから岡山県新見に抜ける山道をひたすら上り続ける。 途中で空が焼けてきた。 時間はすでに日の出の時刻を過ぎている。 峠の途中の駐車スペースに車を停める、周囲は木立で空しか見えない。 ドローンを取り出し上空へ。 見えた! 雲海が広がる先に大山があり、朝焼けに萌えていた。 15分程度飛ばしていると、別のドローンがやってきた。 ドローン同士が交錯しなければ良いのだが...  一旦ドローンの飛行を止めて上の駐車場まで移動した。 そこには若者3名が撮影中、一人がドローンの操縦をしていた。 操縦はなかなか上手くて感心した。 そこからの風景は自分の眼で雲海と朝焼け・大山を見ることができた。 太陽が顔を出しそうだったので下の集落が見える場所(天狗橋)まで移動、ここから朝陽と雲海、場合によっては集落と雲海を絡めて撮りたいのだ。 思惑は当たって思い浮かべた風景が撮れた。 今回は少し絵画的な現像をしてみた。 これはなかなか面白いのだ。 そこから下の集落でも撮影。 江府町の貝田地区へ移動、ここは大山と棚田がコラボで有名なポイントだという。 稲刈り中だったのでお願いして撮影させていただいた。 御机の田んぼにも行ったがこの日は天候が下降気味だったので撮影を切り上げた。 その時に地元の農家の方から「この地区の宣伝」を依頼される。 ドローンでの撮影画面を広く広めてほしいとのこと。 自分は静止画しか撮らないので無理があるように思うが強力は惜しまない。 この地区の謂れや歴史、産物の情報をいただいた。 今年の新米の予約をして宿舎に向かった。



bottom of page