top of page

10月31日 有峰湖の魅力

一昨年この湖を見て感動。 数少ない自然の残る場所でありながら、行きやすいことである。 今年は少し遅めの訪問だが紅葉は気にならなかった。 前日同宿のプロのカメラマンは「クマを追いかけて20年近く」、月の輪熊撮影の第一人者。 夕食を摂りながらいろんなお話を伺うことができた。 いくつかの写真も見せていただいて、ひとつの被写体を追いかけ続けるパワーと忍耐に感動を覚えた。 翌日、出発はほぼ同時。 昨日のお礼を伝えて6時出発。 まずは展望台から日の出前の有峰湖。 そして霜が降りて白くなった有峰湖岸、前回探し回ってやっと岸に降りるところを見つけた。 この日は前回よりも水が少なくかなり下まで行くことができた。 その分、被写体が前回よりも良いように見えた。 終わる時間になって遅出のカメラマンがやってきた。 このような場所でカメラマンがぶつかるのは好ましくない。 写真に相手が写ってしまうからだ。 本来は後から来た人が譲るのだが... 。今回は気になる場所を再度撮影して彼に譲ることにした。 そして再度展望台へ、日の出の後の記録を撮る。 そして面白かったのは「オールド・スクータ・ファン」との出会い。 了解をいただいて撮影する。 これは子供たちが喜んでくれるような気がする。 神尾町へ抜ける林道を風景を見ながらゆっくりと降りた。


Comments


bottom of page